ソフト紹介:MOYOU Creator
ソフト紹介:数字認識
ソフト紹介:自動数字認識エンジン
ソフト紹介:トラびでお
ソフト紹介:トラのシリアル通信モニター
ソフト紹介:トラの更新日時変更
ソフト紹介:FTPアップローダダウンローダ
ソフト紹介:トラTWAIN
ソフト紹介:トラのレタッチ
ソフト紹介:トラCSVエディタ
ソフトのお支払い方法


ダウンロードソフトウェア
紹介ブログ↓
トラれぽ〜と



プライバシーポリシー特定商取引に関する表記
FTPアップローダ・ダウンローダ
Ver1.0.0 ページ更新日:2010/02/03
ダウンロード 概要 機能 用途 画面 仕様
価格:2,000円
お試し後、継続してご利用いただく場合
ボタンをクリックすると、Vectorのダウンロードページを開きます。
継続してご利用いただく場合
お支払い方法は、4種類あります。
詳しくは、弊社のお支払い方法をご参照下さい。
  [プロレジ] 
[銀行振込]
[現金書留]
[定額小為替]
ご購入の場合
クリックすると、Vectorのプロレジのカートに入ります。
プロレジについては、Vectorのサイトをご覧ください。
  「PCショップご利用案内」
「Vectorのお支払い方法」
ページのTOPへ戻る
FTPファイル転送 単独実行コマンド
ページのTOPへ戻る
DLLを必要としないので、単独実行できます。
ファイルのアップロード、ダウンロードができます。
使用するポート番号を設定できます。
転送モードを、アスキー、バイナリから選択できます。
ページのTOPへ戻る
「DOSプロンプト」、「ファイル名を指定」、「バッチファイル」からのFTP操作
他のシステムからコマンドを発行してFTP操作
※他のシステムとの連携をご検討の方は、弊社までお問い合わせください。
ページのTOPへ戻る
ftpcmd [-port 番号] [put|get] [サーバ名] [ユーザ名] [パスワード]
[ファイル名A] [ファイル名B] [ascii |binary]

[-port 番号] ポート番号の指定を行う(省略時にはポート番号25で接続)
[put | get] アップロード時には「put」と指定
ダウンロード時には「get」と指定
[サーバ名] サーバの接続名を指定(省略不可)
サーバ名は、IPアドレスでも、ドメイン名でも可能
[ユーザ名] サーバに接続する際のユーザ名を指定(省略不可)
[パスワード] サーバに接続する際のパスワードを指定(省略不可)
[ファイル名A] サーバ側とローカルパソコン側のファイルを指定(省略不可)
アップロード時とダウンロード時で、場所が異なります。

アップロード時
[ファイル名A] ローカルパソコン側ファイル
[ファイル名B] サーバ側ファイル
ダウンロード時
[ファイル名A] サーバ側ファイル
[ファイル名B] ローカルパソコン側ファイル
[ファイル名B]
[ascii | binary] 転送モードを指定(省略不可)
ASCIIコードで転送する時には「ascii」と指定
バイナリモードで転送する時には「binary」と指定
 
アスキーモードでアップロードする場合

 > ftpcmd put [サーバ名] [ユーザ名] [パスワード] L.txt S.txt ASCII

アスキーモードでダウンロードする場合

 > ftpcmd get [サーバ名] [ユーザ名] [パスワード] S.txt L.txt ASCII

バイナリモードでアップロードする場合

 > ftpcmd put [サーバ名] [ユーザ名] [パスワード] L.txt S.txt BINARY

バイナリモードでダウンロードする場合

 > ftpcmd get [サーバ名] [ユーザ名] [パスワード] S.txt L.txt BINARY

ポート番号を「5000」でアップロードする場合

 > ftpcmd -port 5000 put [サーバ名] [ユーザ名] [パスワード] L.txt S.txt ASCII

ポート番号を「5000」でダウンロードする場合

 > ftpcmd -port 5000 get [サーバ名] [ユーザ名] [パスワード] S.txt L.txt ASCII

【注意事項】
S.txtはサーバ側、L.txtはローカルパソコンの中のファイル名の例です。
サーバ側とローカルパソコン側で同じファイル名ならば、同じ名前を指定します。
ページのTOPへ戻る
動作環境
Windows 2000 / XP / Vista
必要DLL
なし
製作言語
C++
転載条件
転載を希望される方は、メール等で事前連絡をお願いします。
動作内容
成功時 成功時は 0を返します。
また、 FTPCMD.ERR は残りません。(前回のファイルが残っていた場合は削除されます。)
失敗時 失敗時は -1 ( 又は 255 ) を返します。
また、FTPCMD.EXE のあるディレクトリ上に、FTPCMD.ERR が作成されます。

引数が無効の場合は、使用例が FTPCMD.ERR に書き込まれます。
ページのTOPへ戻る




プライバシーポリシー特定商取引に関する表記 (C)2006-2011 Tripod Co.,Ltd. All Rights Reserved.